« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月)

妊娠

ぐり「妻」が妊娠した様だ。

息子も2歳5ヶ月となり、そろそろ2人目が欲しいなぁーと常々言っていた。

私的には、もう少し息子と妻の生活を楽しみたいと思っていたけど、妻の年齢を

考えると、確かにそろそろかなーと思っていた。

妻が市販の検査薬で調べたら、見事に妊娠のマーク?が表示されていた。

妊娠について、妻は嬉しいと言っていた。

私は、「むむむ・・・」

勿論、新しい家族が増える事はとても嬉しいけど、息子の面倒を見ながら、

満足する育児が出来るのかな?

2ヶ月後には、妻のつわりが始まるだろう。

前回の妊娠で妻は、つわりが苦しそうだった事を覚えている。

ずーっと、車酔いしている状態みたいだそうだ。

そんな状態で、私がどれだけ妻をサポート出来るだろう?

何より、まだ片言の会話しか出来ない息子をコントロール出来るかな?

言う事聞かないで、感情で怒ってしまわないかな?

テニスも当分参加出来ないだろうな・・・

等々。

1年後には、4人家族になる。

名前も又、考えなくちゃ。

男の子かな?女の子かな?

次は女の子がいいなぁー

髪の毛結んであげたり、スカート履かせてあげたいな。

でも、五体満足ならそれだけで十分なんて考える。

このブログ、「妊娠日記」になる日も近いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月22日 (木)

長野旅行PART2

朝起きると、気分が悪い。

元々風邪気味だったので熱がでたのかな?

もそもそと布団を出て、朝食のバイキングに向かう。

旅行→ホテル→朝食はバイキングが王道の私なのに

体調が悪く食欲が無い。

洋食・和食・デザートと種類は沢山有り、どれも美味しそうなのに

オレンジジュースとヨーグルトしか食べれなかった。

食堂にいるのもキツイので退散。フロントで薬を貰い部屋で薬を

飲んで眠た。1時間位したら目が覚めた。汗はびっしょりだけど

体調はかなり回復した。ぐり(妻)が言うには鼾をグーグーかいて

寝ていたらしい?

チェックアウトをして、2日目の最初の目的地「大王わさび農場」

向かう。http://www.daiowasabi.co.jp/
Cimg1843



ここは結婚前にぐりと一度行った事が有る。爺婆に取り立てのわさびを

食べさせたいのと、わさびの栽培がどうなっているのかを見せたかった。

綺麗な川にわさびが規則正しく植えられており、日よけの黒いシートが

川のに沿って張られている。

川に足を浸けている人がいるので、爺婆グリが挑戦。水が冷たいらしく

直ぐにギブアップ。それを見ていた息子が「自分も~」と挑戦。これが

以外にも冷たくないらしく、笑顔で川の中を歩いていた。子供だから

脂肪が多く、冷たくないのかな?

天気予報では曇りだったのに、今日は晴れ。あんまりにも暑いので売店で、

わさびソフトを食べる。色はわさび色だけどそんなに「ツーン」と来る

訳でもない。以外に旨かった。

なんで観光地に行くと必ずソフトクリームって有るんだろう??

腹が減ったので(朝バイキング食べていないから)大王わさび農場近くの

蕎麦屋で昼飯。昨日の蕎麦屋より旨かった。。。(感想それだけ)

Cimg1852



今回の旅行のクライマックである「善光寺」へ向かう。
http://www.zenkoji.jp/

松本から長野まで高速道路で約60㌔。

1時間ちょっとで「善光寺」に到着。

Cimg1856



境内を見学していると、人が並んでいる。なんだろうと思っていると、徳の高そうな

高齢のお坊さんが、お坊さんを引き連れて歩いている。歩いているというか

支えられている。

すると並んでいる人たちが一斉に座り頭を下げると、その頭に数珠を当てている。

これは縁起がいいぞと思い家族で列に並び、有難い数珠を頭に当ててもらった。

その時に、お坊さんは一人一人に「南無阿弥陀仏」と言っていた。

その後も境内を見学していると、「善光寺を世界遺産にしよう」と垂れ幕があった。

「牛に引かれて善光寺」を見学出来、爺ちゃんは大満足。私はずーっと息子を抱っこ

していたのでヘトヘト。15時を過ぎたので流石に帰ろうと決まり、一路市川の自宅へ!

高速道路は概ね順調。練馬辺りで大渋滞だった位かな。爺婆は熊本県人なので?

高速道路が渋滞なんて初めての体験みたいで驚いていた。

20時に市川に到着。流石に夕飯を作る気力はないので近くの西友で弁当を買って夕飯。

簡単に風呂に入って、ビールを飲んで寝た。

爺婆に楽しんで貰えた様で、長野旅行を企画した私とぐり「妻」も一安心。

今度は、爺を連れて何処の「お城」に行こうかな~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

長野旅行PART1

6月17日・18日と、長野県まで旅行に行ってきた。

今回の旅行は、熊本から爺婆が上京して来たので親子三代で遊びに行きましょう!と、計画。

爺はお城、寺が好きなので、松本城と善光寺へ。

婆には、霧が峰高原と大王わさび農場へ連れて行く事にしました。

17日は、6時30分に市川の自宅を出発。

ビーナスラインに乗り、霧が峰高原を目指す為、白樺湖を目的地にしなければいけない

所を、間違って諏訪湖で登録してしまい、結局美ヶ原高原に着いてしまった。

当日の天気は曇りの予想だったけど、所々晴れて気持ちが良かった。

軽く散歩(登山?)して昼飯とする。

信州といったら「蕎麦」と決め付け蕎麦屋で昼飯。

そして、17日のメインで有る「松本城」へ。

私は3回目の松本城。何時来てもカッコいいです。

爺婆は日頃、熊本城を見ているので「お城」にはウルサイ。

小田原城を見た時は「櫓」と勘違いしたそうな。。。

国宝松本城を見て、爺は満足。外観が黒いので少し熊本城に似ているかな?

まずは、小天守閣の城内に入る。

松本城は取り壊しや、戦争で焼けていないので当時の作りである木造建築なので、

柱が当時のままで太くて迫力が有る。歴史を感じるなぁーと思いながら最上階を

目指して急な階段を昇る。

最上階に着くと、息子のお尻付近が臭い。

「うんちした?」と聞くと2歳6ヶ月の息子は「うんちしてないよっ」と言うが、間違いなく

ウンチしている。Cimg1794




幸いにも小天守閣の最上階には他に観光客が居ない。だけど国宝の中でうんち付きの

オシメ交換なんて・・・と思ったが婆と(ぐり)妻がオシメを交換してくれた。すると、直ぐに

10名位の観光客がどっと最上階に上がって来た。

後、30秒遅かったら国宝でのオシメ交換を息子は見られるトコだったなぁー

きっと息子は大きくなっても、爺婆から国宝のお城でオムツを交換したんだよと

言われるだろうね。

その後は、大天守閣に登る。小天守閣より階段がきつい。普通の階段なら息子も

登れるが、松本城は急で登れない。私が抱っこして登るが階段が狭くて大変。

やっとの思いで、最上階に到着。景色も吹き抜ける風も気持ちがいい。

最後は、本丸を散歩&写真撮影。

爺はお城が好きなので、色んな角度から写真を撮っていた。

あんまりお城好きではない婆も、松本城が気に入った様子。(木造だったからみたい)

夕方になったので、本日のお宿である「美ヶ原温泉 ホテル 翔峰」に向かう。
http://www.hotel-shoho.jp/

ロビーに入ると、和服姿の綺麗で若い仲居さんが部屋を案内してくれる。

言葉使いや姿勢が正しく、高感度大。

部屋も綺麗で、窓の外に広がる松本市内の夜景が綺麗だ。

ホテル内もゴミ一つ落ちてなく、清潔感で一杯。

まず、食事の前に風呂に入り汗を流す。

風呂が、これまた広く(テニスコート4面位か?脱衣所もテニスコート2面位有る)清潔感

一杯。

風呂は合計4つ有り、やわらかい泉質で気持ちがいい。他のお客さんが5人位しか入って

いなくて広々と温泉を楽しむ事が出来た。

その後、食堂で夕飯を楽しむ。ここでも仲居さんの対応が素晴らしく、息子が誤って

サービスで頂いたオレンジジュースをこぼしてしまった。

直ぐにおしぼりを持って来てくれたが、替わりにと言って新しいオレンジジュースを持って

来てくれた。

たったそれだけの事だけど、仲居さんのやさしさが嬉しかったなぁ。

食事の後は、再度温泉へ。そして風呂上りのビールと日本酒を飲み、ほろ酔い気分で

就寝。

「美ヶ原温泉 ホテル 翔峰」は、オススメ!

2日目は次回に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBAKI

グリが「TSUBAKI」のシャンプーを買って来た。

勿論私も使用するけど、特別髪がしなやかになるでもないし、

男の短髪には効果薄いのかな。

これからの季節、男はトニックシャンプーか??

「TSUBAKI」のCMソングは、SMAPの「Dear WOMAN」。

最初から最後まで聞いた事は無いけど、CMを見る(聴く)限り

いい歌じゃないかな。

内容は「女性応援歌」だそうです。

女性をターゲットにしている「歌」って事だよね。

以前、マーケティング関係の仕事をしていたので、私が思うに、

SMAPの人気に陰りが見えて来たのかと。。。

この歌で、女性から好感触というか、注目を集める必要が有ったのでは??

最近、カッツーン?とか頑張っている見たいだし。

※そもそもSMAPって平均年齢何歳よ?
「TUSBAKI」、SMAPを批判している訳では有りません。念の為。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »