« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月 5日 (火)

ふざけた看護師(女)、怒るパパ

先日の出来事。

仕事を終えて家に帰ると、2歳10ヶ月の息子の具合が悪いと妻に言われました。
様子を見ると、少し熱っぽく気分が悪いと言っていた。
抱っこをして、暫くしたら食べた物を全部戻してしまった。(パパはゲ○まみれ・・・)
これはいかん、重大事だと思い病院へ。
21時過ぎなので、いつもの病院は当然しまっているので、
浦安市に有る順○堂病院に行く。

すると、具合の悪い人が6~8人位いました。
これはかなり待たされると思いましたが、40分位で息子を
診察して貰えた。
診察結果はウィルスで胃や腸をやられてしまったみたい。
最近流行っているそうな。
1日分の薬を出してくれる事になり、待合コーナーで薬と会計を待つ。
待つ。

待つ。
1時間待っても、まだみたい。
妻が心配して、看護師さん(女)に聞くと、もう少しお待ち下さいとの事。


0時を過ぎる。
既に2時間以上経過。
あんまりにも遅いので、私が違う看護師(女)さんに聞いた。

私:後どの位かかるか分かりますか?別に10分とか細かい時間でなくてもいいので。
看護師:分かりません!
私:心の声(あんたもここで働いて何年も経つんだろ。目安位言えないの?)
私:大体の感じでいいんです。後30分以上かかるかもしれないとかでいいんですよ。
  子供も具合が悪いので、これ以上此処に居ると体が心配ですし・・・
看護師:薬を作っているのは人間ですから、後どの位かかるかなんて
分かりません!
私:心の声(ふざけるな!病人相手に言う言葉か!)
私:呆れと怒りで、その場を立ち去る。


病院だし、他の患者さんがいるからその場は堪えたけど、あの看護師の発言と
態度は許せなかった。
一般企業なら、「なんだその対応は!上司を出せ!!」でしょう。

忙しくて、対応出来ない事も有るでしょう。
同じ社会人としてそれは理解できます。
しかし、あなたは看護師、こちらは病人(家族)ですよ。
「人の振り見て、我が振り直せ」なんて諺があるけど、彼女(看護師)の
対応は許せなかった。



結局、家に帰ったのは1時半。
疲れました。



一番良いのは病院の世話にならない事だと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »